くらぞの牧場について

ここには大自然の恵みがあります。

ここには大自然の恵みがあります。

ここには大自然の恵みがあります。

くらぞの牧場の所在地「宮崎県小林市」は宮崎県の南西部に位置する自然豊かな町。霧島連山に囲まれた雄大な風景や、随所で湧出する名水を生かした温泉地も多数あり、現在は多くの移住者が訪れる町としても知られるようになりました。そんな小林市の人里離れた山奥に、くらぞの牧場の牛舎はあります。周りには棚田を彷彿させる広大な田園風景が広がり、きれいな空気と心地よい風が、牛たちを優しく包み込んでくれます。ストレスとは無縁の世界で、のんびり育つ牛たちは、本当に心地好さそうな表情を見せてくれます。

親子三代に渡るこだわりがあります。

親子三代に渡るこだわりがあります。

親子三代に渡るこだわりがあります。

創業70年以上の歴史を持つくらぞの牧場は、現在は三代目・倉薗裕次郎が代表を務めています。当牧場は恵まれた生産環境を生かしつつ、創業時より「食に対する安全性」を強く意識した生産を実施しており、二代目、三代目にもその意思は受け継がれながら、より強固なものへ進化を遂げてきました。現在は、初代から三代目まで全ての代表が揃った状態であり、親子三代による充実の時を迎えています。私たちの安全性とその先にある美味しさの追求、そして牛に対する愛情は、止まることを知りません。

voice
代表あいさつ

代表あいさつ

宮崎県といえば国内最高峰のブランドに位置付けられる「宮崎牛」の生産地。私たち、くらぞの牧場も宮崎牛を生産しており、人里離れた山奥にある広大な牛舎で、のびのびと大切に育てています。大自然の中で育つ牛たちは、ストレスを受けることがほとんどなく、これが良質の牛肉を作る鍵となっています。

代表:倉薗 裕次郎

to top